ガーデニングで人気のウッドチップ~使用の際はシロアリ対策が必要~

ウッドチップ使用での注意点~害虫や腐食による問題~ ウッドチップ使用での注意点~害虫や腐食による問題~

住宅の庭に使用されている「ウッドチップ」の特徴

木目

近年、ガーデニング用の素材として注目されているのが、ウッドチップです。ここでは、園芸用として用いられているウッドチップの種類や特徴について簡単に説明します。

園芸でよく使われているのはバークチップとウッドチップの二種類です

ウッドチップの特徴
ウッドチップは、その名前の通り、木材をチップ状に砕いた素材です。お庭に敷くことで、まるで黄色い枯れ葉が敷き詰められたような独特な景観を作り出せます。使用することで露地の黒い土を隠し、お庭を明るく暖かみのある様子にすることができるでしょう。また、使用される木材には種類があり、使用される木材によって香りや防虫効果などが細かく変わります。
バークチップの特徴
バークチップは「樹皮」を使って作られている素材です。ウッドチップとは違い、厚い樹皮のある木からしか作られないので、材料となる木は樹皮の厚い赤松や黒松です。バークチップは大きく丸みがあるのが特徴で、色も赤みの強い茶色であるため、敷く地面をやや黒みのあるシックな見た目にしたい場合は、このバークチップの使用がおすすめです。

泥跳ね防止やソフトな踏み心地も魅力であるため、お庭の景観のためだけでなく、家族が利用する上でも嬉しい素材となります。また手順さえしっかりと把握していれば、自分自身でも手軽に設置できるのも魅力の1つです。

場合によってはシロアリ対策が必要

ウッドチップを敷くことは、景観をよくするだけでなく、さまざまな機能性も発揮してくれます。しかし、ウッドチップを使用したことのない人からすると、使用方法や持続性などに不安を覚えることでしょう。まずはガーデニングをする上でのウッドチップの利点から見ていきましょう。

ウッドチップが庭や住宅にもたらす効果

  • 土の表面をしっかり保護し、草木が虫の被害に遭うのを予防
  • 日光が土の上に降り注ぐのを防ぎ、雑草が繁殖しにくい環境を維持
  • グランドカバー効果を発揮し、虫よけ効果や消臭効果を発揮
  • 地面を保護することで、転倒などによって怪我を負う可能性を低下させる

ウッドチップに湿気が溜まると、虫やカビが発生する可能性があります

ウッドチップは木材でできているため、水を吸収しやすい性質があります。水を吸ったウッドチップを放置すると、木材腐朽菌などの木を腐らせる菌が繁殖する恐れがあります。木材腐朽菌によって腐食したウッドチップは、シロアリの格好のエサとなるため、湿気には注意が必要です。

長く使い続けるには補充が必要不可欠です

ウッドチップはいつまでも敷きっぱなしにすることはできません。時間経過とともに長年の風雨によって腐食し、徐々に土へと還ってしまいます。その他にも、見た目や臭い、害虫の発生などのリスクがあるため、定期的に処分と補充を行ないましょう。

インテリアやガーデニングを楽しむのに適しています

ウッドチップはその独特の風合いもさることながら、木材独自の香りも楽しめる素材です。ガーデニングは見た目で楽しむだけでなく、植えた花からの香りも楽しみます。そのため、ウッドチップは香りを楽しめるとして人気のガーデニング素材なのです。また、黒い露地の輻射熱を防ぐ効果もあるので、夏場も庭が涼しくなるなどの効果も得られます。 ウッドチップにはさまざまな魅力がありますが、手入れを怠るとシロアリなどの害虫の発生リスクも現れます。特に厄介なシロアリによる被害を防ぐためにも、ウッドチップの管理はしっかりと行ないましょう。

TOPボタン